ノコギリヤシサプリの効果と副作用を知るサイト

男性の為の万能植物 ノコギリヤシ

ノコギリヤシサプリ(効果、副作用)を知るサイト

 

アラフィフ男性の悩み

 

・抜け毛が多い。
・おしっこのキレが悪い。
・おしっこが近い。

 

 

原因は加齢による、
毛根の弱体化
前立腺の肥大
です。

 

 

もう年なんだからと諦めていませんか?
まだまだこれからの人生を諦めてはいけません。

 

 

そんなあなたにお勧めのサプリメントがあります。

 

 

ノコギリヤシです。

 

 

ノコギリヤシはアメリカ先住民が重宝していたハーブです。

 

色々なメリットが確認されています。

 

・抜け毛防止
・おしっこトラブルの改善
・精力増強

 

アラフィフ男性特有の悩みにノコギリヤシサプリをお勧めします。

 

 

 


ノコギリヤシ頻尿サプリ ランキング

頻尿や尿のキレが悪い方はこちらのサプリがおすすめです。

 

 

ノコギリヤシ+イソサミジン|TaKaRa

 

 

中高年の多くの方が気になっているデリケートな悩み
天然由来のノコギリヤシとイソサミジンを試してみませんか
スッキリな生活をサポートします。

 

ノコギリヤシ+イソサミジン?TaKaRa健康通販?

 

 

 

ノコギリヤシEX

 



 

水分を取ると、夜中に目が覚める
長時間の移動が心配
回数やキレでお悩みの貴方

 

小林製薬のノコギリヤシEX

 

 

 

ノコギリヤシPURE

 

 

欧州各国で医薬品として承認されているノコギリヤシ
アメリカ産の厳選したノコギリヤシを使用
不要な添加物は一切入れず純度100%のノコギリヤシサプリメントです

 

ノコギリヤシPURE

 

 

 

ノコギリヤシ育毛サプリ ランキング

止まらない抜け毛を食い止めたい方はこちらのサプリがおすすめです。

 

 

GUNGUN(ぐんぐん)

 

 

ぐんぐんは育毛成分に徹底的にこだわりました。
ノコギリヤシ、菊芋、イソフラボン成分を配合。
肌のターンオーバーと共に頭皮の毛穴に育毛を働きかけます。

 

GUNGUN(ぐんぐん)】

 

 

 

ノコギリヤシ+クラチャイダム

 



 

抜け毛や薄毛など中高年男性の悩みをサポートします。
ノコギリヤシのチカラで、抜け毛の原因物質をコントロール。
飲むだけで摂取できる簡単サプリメントです。

 

ノコギリヤシ+クラチャイダムで髪の悩みサポート

 

 

 

フェルサ

 



 

海外では医薬品としても扱われるミレット&ノコギリヤシ含有量NO.1(含有率42%/粒)
自然由来の成分を探求

 

fuerza(フェルサ)

 

 

ノコギリヤシの効果は

ノコギリヤシには様々な効果があります。

 

発毛や育毛、抜け毛防止といった、頭髪に関する効果。
頻尿や前立腺肥大といった利尿作用に関する効果。

 

その他、精力増強といった、成人男性が抱える悩みを
解決する為のハーブと言えます。

 

また、必須ミネラルである亜鉛サプリと併用することで、
男性機能の向上にもつながります。

 

管理人もアラフィフなので実感していますが、40歳を堺に

 

抜け毛
老眼
尿のキレが悪い
トイレが近い
男性機能の低下
乾燥肌

 

など数え上げればいくらでも出てくるほど、身体機能の低下は明らかです。

 

老化現象は生物の宿命なので逆らうことは出来ませんが、進行を遅くすることは可能です。

 

運動と睡眠、栄養バランスを整えることにより、老化防止になります。

 

さらに今回紹介していますノコギリヤシと亜鉛をサプリメントで積極的に摂取することにより、更なる効果が期待できるのです。

 

50歳、60歳で尿や男性機能でお悩みの方。
育毛剤の効果が感じられないとお悩みの方。

 

日本ではまだまだマイナーなハーブですが、サプリメントとして販売されていますので、一度お試し下さい。

ノコギリヤシの副作用が気になる

ノコギリヤシに副作用ってあるの?

 

そもそもノコギリヤシの効果って?

 

 

ノコギリヤシと男性ホルモンはかなり近い関係があります。

 

男性ホルモンは男性には、かかすことができない成分です。
男性ホルモンは睾丸や副腎で生成されます。
成長期になると体に変化が起こってくるのもこの作用になります。

 

ノコギリヤシは男性ホルモンと同じ働きをすると言われています。
ノコギリヤシが男性にとって欠かすことの出来ないものであることは理解していただけると思います。

 

 

では、気になるノコギリヤシ副作用についてはどうでしょう。

 

ノコギリヤシは薬草、強壮植物として古くから使用されてきました。
食用として、医薬品としても世界各国で使われています。

 

そのことも考えると副作用の心配はないように感じます。
健康被害に関するノコギリヤシ副作用は気にしなくてよいと思います。

 

しかし、サプリメントは用法用量が決まっていますので、その範囲内でお試しください。

 

 

ノコギリヤシの予防効果と副作用

 

ノコギリヤシは北アメリカ周辺で自生している植物の一種になり、果実から抽出されたエキスです。

 

現在ではヨーロッパなどで医薬品として使われている実績があります。

 

ノコギリヤシの効能には、前立腺肥大症の予防効果があることが分かっています。

 

さらに抜け毛の予防や発毛や育毛の効果があると期待されている植物になります。

 

これらの症状は男性ホルモンが大きく関係していることが分かっています。

 

そしてノコギリヤシには、男性ホルモンの過剰な分泌成分を阻害する働きがあります。

 

このことから前立腺肥大症や抜け毛の予防をすることができます。

 

ノコギリヤシの副作用につていは、まだ詳しくは解明されていません。

 

しかし現時点では、大きな健康の被害などの副作用の事例は報告されていない実績があります。

 

そしてノコギリヤシから抽出されたエキスは、幅広く利用されている実績があります。

 

それは育毛剤やサプリメントなどとして活用されています。

 

そのためすべての人に副作用があるのではなく、正しい摂取をすることで副作用を防ぐことができます。

 

さらにノコギリヤシは様々なメーカーで販売されていますが、購入する時は製品の表示を確かめる必要があります。

 

また医薬品を服用している人は、医師と相談の上で服用することが必要になります。

 

しかしこれは、ほぼすべてのサプリメントに共通する事項になります。

 

ノコギリヤシは植物の果実を抽出したエキスになり、前立腺肥大症や抜け毛などの予防に効果があります。

 

そして現時点では、健康被害などの副作用はないという実績があります。

ノコギリヤシの頻尿改善効果について

 

どうしてノコギリヤシは頻尿に効果があるのか?
それは前立腺に働きかける力があるからです。

 

前立腺肥大の原因となる、ジヒドロテストステロンを生成する5α-リダクターゼを阻害する働きがあるからです。

 

前立腺が肥大すると尿の通り道が狭くなり、また反応も鈍くなるため尿のキレが悪くなったり、残尿感が発生するのです。

 

また5α-リダクターゼを阻害することにより、性欲がアップしたり、勃起不全が解消したりと男性にとっては興味ある効果が多数あるんですよね。

 

専門的に知りたい方は専門家が監修した文章を記載致しますので確認願います。

 


α1受容体遮断薬
α1受容体遮断薬は、前立腺肥大症に伴う排尿困難の薬として、現在最も多く使われる内服薬です。前立腺平滑筋に対する交感神経緊張状態を抑えることにより、前立腺を弛緩させ、その結果として、前立腺の尿道に対する圧迫を軽減します。また、最近、前立腺肥大症に伴う過活動膀胱の改善にも効果があり、排尿困難だけでなく、頻尿、夜間頻尿、尿意切迫感などの蓄尿症状の改善にも有効であることが示されています。内服後1週間以内で症状改善効果と満足度が得られます。前立腺を小さくする効果はありませんが、継続投与における長期的な改善効果も示されています。
α1受容体は血管にもあるので、α1受容体遮断薬は血管を拡張させて、急な血圧低下(起立性低血圧)によるたちくらみなどの副作用を起こす可能性が指摘されています。しかし、現在日本で前立腺肥大症に広く使われているα1受容体遮断薬は、血管を拡張させる作用はほとんどなく、血圧低下に伴う副作用は一般的に少ないと言われています。その他の副作用として、めまい、下痢、射精障害などがみられることがあります。なお、α1受容体遮断薬を服用していると、白内障の手術に影響することがあるので、眼科の医師に服用していることを伝えることが必要です(手術を行う眼科医が知っていれば問題はありません)。

 

5α還元酵素害薬
血液中の男性ホルモン(テストステロン)が、前立腺組織に作用するのを抑える作用を持ちます。血液中のテストステロンが前立腺細胞に取り込まれると、5α還元酵素の作用によりジヒドロテストステロンに変換され、このジヒドロテストステロンが前立腺細胞の増殖に働きます。5α還元酵素阻害薬は、前立腺細胞の中でテストステロンをジヒドロテストステロンに変換する5α還元酵素の作用を抑えることにより、前立腺細胞の増殖を抑制し、その結果肥大した前立腺が縮小します。この薬を長期間服用することにより肥大した前立腺が縮小して、排尿困難の症状を改善します。この薬の作用はα1受容体遮断薬と異なり、効果があらわれるのに数ヶ月かかるので、長期間の内服が必要です。前立腺が大きい場合や、α1受容体遮断薬による治療で効果が不十分な場合には、α1受容体遮断薬と5α還元酵素阻害薬が併用されることもあります。
この薬は血液中の男性ホルモン(テストステロン)を減少させることはないため、勃起障害や性欲減退などの副作用は少ないと報告されています。この薬は、血液中の前立腺特異抗原(PSA)の値を約50%低下させるため、前立腺癌を見逃さないように、投与前、投与中はPSA値の測定とあわせて前立腺癌の評価を行うことが必要です。
抗アンドロゲン薬(抗男性ホルモン薬)
前立腺に対する男性ホルモンの作用を抑える薬ですが、5α還元酵素阻害薬とは作用機序が異なります。抗アンドロゲン薬は精巣からのテストステロン産生を抑制するとともに、血液中のテストステロンが前立腺細胞に取り込まれるのも抑制します。この薬も、肥大した前立腺を縮小して、排尿困難の症状を改善します。血清テストステロン値を低下させるために、勃起障害や性欲低下などの性機能障害の副作用がみられることがあります。血液中のPSAを低下させることは5α還元酵素阻害薬と同様ですので、投与前、投与中の前立腺癌の評価を行うことが重要です。16週間投与しても、期待された効果が得られない場合は、漫然と続けない方がよいとされています。
PDE5阻害薬
副交感神経終末や血管内皮細胞から産生されるNO(一酸化窒素)は、平滑筋細胞内でcGMPの産生を促進し、平滑筋を弛緩します。
cGMPはPDE(ホスホジエステラーゼ)5の作用により分解されますが、PDE5阻害薬はNOにより産生されるcGMPの分解を抑制することにより、膀胱頸部・尿道および前立腺の平滑筋を弛緩して前立腺肥大症に伴う下部尿路症状を改善します。
生薬・漢方薬
植物から抽出したエキスを薬にした生薬や、いくつかの漢方薬が前立腺肥大症治療に使われることがあります。
出典:前立腺肥大症の薬物治療

 

 

ノコギリヤシには、副作用や効果がみられるといった話がありますが、日本国内では、医薬品ではなく、あくまで食品としての扱いをうけているため、各メーカーから栄養補助食品として販売されています。
参考:健康食品の安全性・有効性情報