ノコギリヤシ 男性ホルモン

ジヒドロテストステロンの生成を抑える作用があります

ノコギリヤシは男性ホルモンを抑止します

ノコギリヤシは、摂取することで、男性ホルモンの種類のうちのひとつ、ジヒドロテストステロンの生成を抑える作用があります。

 

そのため、男性型脱毛症や、前立腺肥大症、頻尿の症状を改善する効果が期待できます。

 

これらの症状は、男性ホルモンが活発に出ることによって引き起こされる可能性が高まるからです。

 

子供がノコギリヤシを摂取した場合は、ホルモンの分泌が活発になるため、成長を止めてしまい、さまたげる恐れがあります。

 

また、女性が摂取すると、女性ホルモンにも影響を与えてしまう可能性が高まります。

 

特に、妊娠をしている時や、授乳中は、胎児にも影響を与える場合があります。ノコギリヤシを摂取する際には、一日の必要摂取量を守ることがポイントです。

 

適量を摂取することで、副作用が起きる心配もありません。

 

摂取量を守れば、男性ホルモンをはじめ、ホルモンのバランスを整える効果が期待できます。

 

AGA治療にノコギリヤシを役立てる場合には、合わせて育毛剤を使用することをおすすめします。

 

有効成分を発揮させるためです。

 

ノコギリヤシを使用して、抜け毛に働きかけることができます。

 

通常、男性ホルモンが出ることで、頭皮のヘアサイクルが乱れるため、ノコギリヤシを使用した際には、育毛できる環境をつくる育毛剤との併用が好ましいのです。

 

女性が、男性ホルモンを減らすために使用する場合には、合わせて女性ホルモンを増やすものを使用することをおすすめします。

 

プエラリアは女性ホルモンを増やす作用がありますので、ノコギリヤシとの併用でバランスをとることができます。

 

男性がノコギリヤシを摂取すると、一時的に男性機能が低下する場合もありますので、必要量を必要な時に摂取して、上手に効能を活かすことがポイントです。